トレード戦略 7月4日

7月4日のトレード戦略です。

月末、半期末の特殊要因、そしてと議会選挙というイベントもあり、月末はのんびりとしていました。

今日も米国が独立記念日でおやすみですので(株、債券)、基本的には大きな動きがなさそうです。

さて、月末を終えても日足ポイントアンドフィギュアには変化がありません(トレンドがかわらず)。

ドル円

今のところ三角保ち合いパターンでバランス状態。

このまま114円台で引けるとちょっと景色がかわりますが、基本ブレイクまではモチアイシナリオ継続です。

 

ユーロ円

125.5のレジスタンスを水平ブレイクして、買いが継続中(ポイントアンドフィギュアはリバースなし)。

127.5より下で引けると売り転換

ユーロドル

こちらも買いが継続中で、1.13より下で引けると売り転換

短期(1時間足のP&F)ではユーロドルでドル買いに転じていますが、日足で変化があるまでは売りは慎重にいきたいところです。